青山透子公式サイト日航123便墜落の真相

1985年に起きた日航123便墜落事故を、当時日本航空スチュワーデスとして勤務していた著者・青山透子が、事故の真相を追い求めて綴ったノンフィクション

日航123便、隠蔽者の皆様、ご苦労様! 青山透子公式サイト閲覧110万3千人突破記念!

青山透子公式サイト閲覧110万3千人記念!

管理人です。この公式サイト訪問者が約110万3千人(延べ人数)となりましたので、皆様にご報告します!多くの皆様のご支持をもって、さらに突き進んでいく所存です。有難うございました!

日航123便墜落の真相を明らかにする会から、賛同者の投稿を掲載しますのでお読みください!

☆☆☆☆☆☆☆☆

隠蔽者の皆様、ご苦労様!

炙り出し作戦 大成功! 青山透子サポーターから皆さんへ ☆投稿☆

 さてさて、裁判に際し、私たちサポーターが、「今後、さらに焦って出てくる、事実を隠したい隠蔽者たち」がいると、網を張っていたところ、いました、いました、ゴロゴロと!焦り狂った人間クリッカーが!

案の定、出てきましたね。必死にネット上で、青山透子を貶めようと頑張る人たちが、出ました、出ました!

念のため彼らのやり口を書くと、『青山は実在しない人物(究極的に、いないことにしちゃおうっと)、青山透子本は素人(事実を認めたくない人ほどそう書くね)、学歴が偽り(きっと書き込み者の学歴コンプレックス?)、青山って嫌い(自分が嫌われているから?)、支持者は信者(書き込み者こそ隠蔽宗教の信者でしょう)諸々、必死にサーチエンジン上位に来るように頑張っている様子です。

「あまりに愚かすぎて笑ってみた」、「誰れも、あのような書き込みは信じていないのに、必死すぎてかわいそう」という声もありました。愚かすぎる!確かにその通りですね。

まあ、いつもの手ですが、やらせ質問Q&Aに自分で答えるなど、涙ぐましい努力をしている様子に、隠蔽者の皆様、本当にご苦労様です。

さて、実際に本を読んだ人ならば、当たり前にわかることですが、こういった隠蔽者たちがいるからこそ、この日航123便墜落事件を闇に葬りたいのだ、という事が明らかになるわけです。

隠蔽者は、恐らく英語がわからない(英語コンプレックス?)、本を読まない(読めない)人たちかもしれませんが……。なぜゆえ、この日航123便墜落問題を取り上げる人を貶めようと、彼らは必死なのでしょうか?

 その答えは次の通りです。

 そこに隠したい事実があるからです。

 おとなしくしていればよいのに、ついジタバタしちゃう。

 自分が、いたたまれないからです。

 いつ暴かれるか、ドキドキした人たちだからです。

 自分の悪さが表に出ては困る人だからです。

 自分自身で墓穴を掘る、これこそ、ネット社会の愚かさです。

 書き込み者はヤクザ系朝〇芸●(週●新〇系)のあぶれ記者か?

(タレコミ情報あり・いい加減に、悪とつるむのは止めようよねえ)

 そんな仕事、お金の為とはいえ、悲しいでしょうに…

 

ただし、これ以上、頑張りすぎると営業妨害や名誉棄損の出番となりますので、次は捕獲作戦となりますからご注意下さい。また、表現の自由などと、知ったふりすると大変ですからね!

隠蔽者の皆さん、自分が隠蔽者だと、己(おのれと読みますよ~)を、さらけ出してしまっていることに、そろそろ気づいた方が良いと思いますよ。

 

さて、読者の皆さん、雑音に惑わされず静寂の中で、じっくり36年前を想い出し、520名の命と向き合い、真摯にこの問題を語り合いましょう。

以上、サポーター報告でした!