青山透子公式サイト日航123便墜落の真相

1985年に起きた日航123便墜落事故を、当時日本航空スチュワーデスとして勤務していた著者・青山透子が、事故の真相を追い求めて綴ったノンフィクション

残夏の怪談(会談)

~ある怪談~

  • だから言ったじゃないの。もうこの手は古いって。
  • 追及したら怖い人が来る、っていうあのことだろ?
  • 刺客とか過激派とか赤軍派とか、テロリストとか、オウムとか。「追及する人は怖い人」っていうレッテル張り作戦もダメ?
  • もうバレバレ。だめだよ。あの古臭いセリフは使えないよ
  • U村には通じたよ。ばっちりだった。ばかみたいに震えあがって、なんでも言いなりだったよ。
  • おまえたちって、慇懃無礼なほど馬鹿丁寧な言葉で教えてあげるからねえ。表と裏の顔、ありすぎだよ。それにしても、あいつは無責任なんだよな。自分は代表権を外して表に立たない。そのくせN財団からもちゃっかり給料を取っている。損失補填で給料どろボーのあの二人、つるんでさあ。ほんとに根性小っちゃいし、ズルすぎる。
  • そういうのを芸人根性って昔から言うよ。ていうか、そういうプロでもないしなあ。
  • そうそう、有名どころのIさんの名前を使って、後ろ盾に利用してさ。虎の威を借るキツネで、自分は経営手腕なし。でも古巣の飲酒運転隠しは、うまかったけどね。ネット操作も、評判がいいのが上位にくるようにって、そういうことだけ一生懸命頼んでさ。芸能プロダクション並みだよ。
  • あんな人が自分の上にいれば、本当に彼も大変だなあ。彼は知性があるだけに、いつも愚痴っているよ。あんないい加減な人間の下で働くのは苦痛だってね。顔つき悪くなったよなあ。
  • 上の幡随院長兵衛に気を使い、下のハッカク親方に無用なアドバイスしてもらったって、埒が明かないよ。いっそ、腹くくって、すっきり出しちゃえば良いのに。楽になるよ。
  • 便秘じゃないんだから。ダメダメ、また倒産しちゃうよ。ねえ、はしご、はずさないでくれよ。
  • いいや、11年前に借りは返した。そうはっきり伝えた。
  • それはないよ。あんたは、3年我慢すればいいけど、私らは困る。
  • いい加減、親から離れて成長してくれよ。もう独立して30年以上たつんだから。今度は勝手に倒産してくれ。
  • 何を言うか。そもそも、そっちが隠せっていったじゃないか。
  • いいや、言っていない。おたくらが勝手にワーワー震えていただけだ。
  • ねえ、ファーストクラスチケットいる?銀座の会合もそろそろOKだろうし、ハワイのコンドミニアムも使いたい放題だよ。あの財団、隠れ蓑にもってこいさ。なんたって、本体からいくらでもお金出せるでしょ。領収書チェックもないし、楽勝だよ。
  • 馬鹿いえ。まだコロナ急増中だぞ。当面使えないチケットなんか、いらないよ。しかも銀座の飲み屋でバレたらいっぺんで首だ。それよりも、あのこと、どうなった?
  • ああ、だめだったみたい。あのむすこならお金になびくはずだけど。だんだん、こっちの手口がばれてきたな。ゲンコク潰しは失敗だったね。
  • 他に何かあるかなあ。そうだ、決定前のジャッジ、陥れ作戦は?
  • 無理だよ。壁に耳あり、障子に目あり。あ、古い表現だねえ。今やどこにもスマホあり。
  • 買い上げ作戦は?
  • あほだなあ。今更無理。絵本じゃあるまいし。
  • 解説書大きな意義のお墨付き権威作戦は?
  • 白髪高齢者には、山登りがやっとだよ。財団もこれ以上、請求されてもこまるしねえ。お車代もままならないよ。コロナでお客が来ないから、選挙の献金もきついしね。今度は決まってからにするよ。スカの髪の毛一本増毛でいくら、って言われても困るしねえ。生え際作戦、いいや水際作戦も失敗したし。
  • 君たちのようなイメージ企業はつらいねえ。そういえば、あの、航空業界も予防注射、あの時の報道で、コロナの注射打つのに、CAに黒いドレスを着せたのは誰だよ?夜のアルバイトかって笑えたよ。他社のように、普通は制服姿だろう。
  • ああ、ちょっと銀座帰りをイメージしすぎちゃって。これもあほな経営者の指示だったらしいよ。馬鹿だねえ~。日本刀好きの読●さんや、ゆすりたかりの新●記者も、銀座だいすきだからさあ~。あれさえあれば、言うこときくしね~。
  • もう、いい加減、独立してくれよ。金ばっかりつかうぐうたら息子はいらねえよ。
  • そのぐうたら息子を作って、利用したのはおまえたちだろうが。よく言うよ。
  • もっとひどいアホバカ息子がうちにいる。本当はあいつが悪いんだ。もとはといえば、あいつのせいなんだ。世論に隠れやがって。俺らに比べればアホすぎるくせに、知ったかぶりして、いい子ぶっている、あいつらだ。
  • あれは、あのまま自立させたら、それこそどこかの国と同じさ。なんたって、武器もっているやつが強くなるからね。
  • あ、これ以上言うと、怖い人が来るぞ!幽霊か?都市伝説か?はたまた、あいつらか?
  • おいおい、その作戦ももう終わったよ。
  • そうだったな。次は、「もうやめようよ。古い話だから、終わりにしようよ」って、自作自演の書き込み作戦か?
  • 馬鹿いえ。犯人が自分で終わりにしようよ、って言ったのがバレたら、さすがにまずいだろう。
  • 大丈夫だよ。なんたって、おまえらにボイスレコーダーを返すような国だから。これって、警察が、殺人犯に凶器を返却して無罪にするっていう感じ?
  • 平気でこういうことをする人って、本当にいい人なんだねえ~
  • それ皮肉でしょ。良い人って、どうでもいい人ってことでしょ。
  • そうそう、そういうひとにばかり、スポットを当てたがる。
  • ああ、どうでもいい人は、苦情も来ないし、楽だからねえ。
  • 楽が一番さ。そういえば、その昔、うちらの倒産寸前、N放送局のMさんに教えてやったら、「そうですか。実は私の親は介護が必要で、まだ子供も小さい」って、わけのわからないメールがきたよ。そして、出世しやがった。
  • だからいやになるよなあ。やっぱり正直に生きようよ!
  • おまえはいいけど、おれらは民間だから。
  • ねえ、天下りさせてくれる?
  • 80年代のセリフ言うんじゃないよ!あれ?なんだよ。録音しないでくれよ。全く手癖がわるいんだから。盗聴マニアのお前たちは信用できないんだよ。またリークする気か?
  • これもバレバレか。80年代のままでいたかったなあ。

この怪談の続きは、またの機会に~

 

Update on Trial Tōko Aoyama 36年目の夏 裁判への決心 青山透子

Update on Trial Tōko Aoyama

 I would like to update everyone around the world about the status of the trial.

 Since 2010, when my book was published, I have been sticking to the truth of the crash of Japan Airlines Flight 123, and as a result of steadily continuing detailed investigations, I was able to release five books to the world. In addition, I met Mrs. Kibi, a bereaved family member, and was aware of the strong desire to request a re-investigation.

On March 26, 2021, two bereaved families have finally begun a trial in the Tokyo District Court to file a request for the disclosure of raw data held by Japan Airlines Co., Ltd.

 My book was submitted to the court as evidence in the trial.

 We must not forget the Japan Airlines Flight 123 crash for the sake of future children.

 We believe that the objective facts must be presented in this trial, and the argument based on those facts will surely win.

 It should also be noted, at the direction of Mr. Yoshiharu Ueki, Chairman of Japan Airlines, some JAL employees slandered Tōko Aoyama and spread rumors with unfounded content. It was also JAL that manipulated the information to the media. Both were discovered by whistle-blowing and reported to outside corporate auditors. JAL tried to discredit a former employee who was trying to find out the truth of the crash that killed 521 people (including the fetus) by a cowardly means. I have to say that JAL has abandoned its role as a public transport company. The act of concealment by Chairman Ueki, using the status of a large company, can deceive people, but it does not work in court. If it works, the Japanese judiciary will collapse.

 We sincerely appreciate the cooperation and support of all sensible people.

 Let me provide you with some more details about the trial.

 Plaintiff

Mrs. Motoko Kibi, Japan Airlines Flight 123 bereaved family

Mrs. Kazuko Ichihara, the bereaved family of the co-pilot of Japan Airlines Flight 123

 Defendant

Japan Airlines Co., Ltd.

 The point

 In 2018 and 2020, two plaintiffs requested Japan Airlines to disclose the records of Japan Airlines Flight 123 for viewing. The answer from Japan Airlines at that time is as follows.

 Excerpt from Japan Airlines response

"Disclosure refusal"

Reason: The information recorded on the flight recorder and voice recorder does not correspond to personal information. According to ICAO Annex 13 such information should not be used for any purpose other than the purpose of investigation by the accident investigation agency. If you want to hear the co-pilot's voice, the bereaved family can listen to it in other ways such as on a DVD on the Internet.

 Proceedings of the bereaved family

Neither Japan Airlines nor Boeing Inc. of the United States have been prosecuted for the crash of Japan Airlines Flight 123, and no trial has been held. To this day, no one has taken criminal liability for the deaths of 520 people. The rationale for the unilaterally published accident investigation report is questionable, and there are many doubts about the authenticity of the conclusions. Therefore, the proceedings were filed to disclose the information to the bereaved family who have the right to confirm the raw data as it is and to listen to and view it.

 Complaint by a lawyer representing the bereaved family

There is credible new evidence that this accident investigation report is inadequate. Japan Airlines is required to disclose raw data in accordance with Article 13 of the Constitution of Japan, the Personal Information Protection Law, and the Information Disclosure Law.

 *****

March 26, 2021 Submitted complaint (Over 100 pages) to the Tokyo District Court

   At the Tokyo District Court Judiciary Club, lawyers representing the plaintiffs held a press conference.

 May 17, 2021 /The date for the first oral argument was set to June 28.

 June 21, 2021 /The answer letter arrives from a lawyer representing Japan Airlines.(with only 9 pages)

The main points of the answer

☆ In the first place, the plaintiff does not have the right to request disclosure of the Data.

☆I acknowledge the existence of Tōko Aoyama's literature and judicial precedents.

   For the accident investigation report, the entire company will cooperate with the investigation.

☆This data does not correspond to personal data or personal information, so it is not necessary to disclose it.

☆ The domestic contract of carriage does not state that information will be disclosed, so there is no need to do so.

 June 28, 2021 The first oral argument was held.

Submitted a video message of Mrs. Kibi.

  Future claims

Mrs. Ichihara has been burdened with the cause of the accident for many years, worried that it might be a mistake in the operation of the co-pilot's younger brother. Mrs. Kibi has lost her husband and has long wondered why her husband had to die. Some eyewitness testimonies contradict the conclusions of the Accident Investigation Commission. These are highly credible, and disclosure of raw data will help clarify the cause of the crash and clarify the plaintiff's long-standing doubts. In recent years, judicial precedents have decided to allow the disclosure of information on the dead.

 Contents of the literature approved by the Japan Airlines agent in this proceeding。

 

  • Works by Tōko Aoyama
  • New facts about Japan Airlines Flight 123 crash-the truth comes from eyewitness testimony
  • Overturning the pressure bulkhead theory of the Japan Airlines Flight 123 crash
  • Japan Airlines Flight 123 crash: Aircraft wreckage relics tell the truth

 Japan Airlines has approved the work of Tōko Aoyama. But in the first place, Japan Airlines said it would not disclose the information to the plaintiffs because it was not necessary to disclose it. In other words, Japan Airlines agents avoided directly denying the cause of the accident. Because, in order for Japan Airlines to criticize different causes of the crash, it has to prove these by itself. Therefore, Japan Airlines submitted a domestic contract of carriage issued in 1985, stating the simple reason that it is not listed here.

 The next oral argument date is September 13th

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 36年目の夏 裁判への決心 

私は、今回文庫本になりました「疑惑のはじまり 天空の星たちへ」が世に出た2010年から、日航123便の墜落の真相にこだわり続け、地道に詳細な調査を継続した結果、5冊の本を世の中に送り出すことが出来ました。多くの読者の皆様の支えによるものであり、本当に有難うございます。

最大の動機は、ご遺族の吉備素子さんと出会い、再調査を願う強いご意思にふれて、日本航空で働いていた者の責務として誠実に答えたい、そう思って書くことを決心しました。

そもそも、この日航123便墜落に関しては、日本航空も米国ボーイング社も不起訴となり、裁判は一切行われていないという誰も責任を取らない状況が36年間も続きました。つまり、520人の死亡に誰も刑事責任を取らないまま、今日に至ったわけです。

一方的に発表された事故調査報告書の論拠には、疑問の余地が多く、結論の信ぴょう性に多くの疑義があります。そこで、生のデータをそのままの状態で確認し、聴取、閲覧できる権利を有する遺族に、情報を開示せよ、という訴訟を起こすことに至りました。

そしてついに、今年の3月26日に東京地方裁判所へご遺族2名が、日本航空株式会社が保有する生データの情報開示請求を提訴するという裁判が始まりました。

その中で、拙著が裁判の証拠方法の欄に記載されて裁判所に提出され、私の経歴も学歴も代理人弁護士が保証しました。つまり、私の本に対して、100%信ぴょう性が保証されました。

 日本航空側弁護士は、拙著の内容や過去の判例については、「争わない」としました。日航は、自分たちが証拠物をもっているわけですから、今すぐに確認が出来るはずです。こちら側の内容が事実と異なるのであれば、否定して正しいものを出せばよいだけです。

しかしながら、拙著を否定してしまえば、自分たちで、拙著の内容が違うという証拠物を出さなければなりません。そうなると、事実は異なるのですから、逆に自分たちの首を絞めることになります。ですから、争わない、として逃げたのだと推定されます。

私がペンネームにした理由は、訴訟に至るまでに必ず妨害者が出て来るからです。過去の口止め対象者同様に、多額の金銭提示や、子供や親戚にまであらゆる便宜を提案され、応じなければ、書かせないように人物に対する人格否定作戦や、圧力をかけてくることにつながります。さらに私の場合、日航社員の幹部とも家族ぐるみの付き合いがありましたので、もし私が青山透子と分かった場合、「書かないでくれ」と必死に懇願されて、そうなれば絶対に書けません。

今まで5冊も書き続けてこられたのは、私がこういう圧力に一切応じていないことの証明です。

もしも誰も書かなくなったら、全ての事実は闇に葬られます。

ネット上で必死の妨害工作は、そのほとんどが、事実が明らかになると都合の悪い人たちによるものでしょう。自分たちのお金と地位を守りたいだけだと思いますが、過去に犯した罪の重さから逃れられない苛立ちもあるでしょう。それについては可哀そうだ思いますし、心から同情します。

でも、皆さん、それでいいのでしょうか? 苦しいならば、告白すべきです。裁判で証言したほうが楽だと思います。

 なお、一部の日航社員や元自衛隊員と思われる人から、青山透子への誹謗中傷や、事実無根の内容で悪意をもった流言飛語の嫌がらせがありました。目に余る場合、ネット上の書き込み者を特定し、侮辱罪で告訴も考えております。マスコミへ情報操作したのも日本航空でしたが、いずれも内部告発により発覚し、社外監査役に報告されたと聞きました。

日本航空は、521名(胎児も含む)の命を奪った墜落の真相を究明しようとする元社員に対して、陰口という卑怯な手段で貶めようとしました。

その行為は、公共交通機関としての役割を自ら放棄したと言わざるを得ません。日航安全啓発センターも、展示物を改ざん中だと聞きました。

訴訟の証拠物に出てくるものを掃除したり、引っ込めたり、いろいろ画策しているようですが、それで洗脳される未来の社員たちは、偽りを語り、そして他社の見学者は、嘘の展示を推進する日本航空には乗りたいなどとは、思わないでしょう。

 私たちは、未来の子供たちに対してこの「日航123便墜落事件」をうやむやにしてはいけないと思います。この裁判で客観的事実を適示し、その事実に基づく論証は、必ずや勝利をつかむと信じております。

良識ある皆様のご協力と応援を重ねて心よりお願い申し上げます。

 

*****管理人です****

皆様、近いうちに新刊本を用意しておりますのでどうぞお楽しみに。

裁判でも取り上げられた「圧力隔壁説をくつがえす」を、まだお読みでない方は、ぜひともお読みください。

周りの方々で、「信じられない」と思う方がいれば、優しい入門編として「文庫版 疑惑のはじまり」をお勧め下さい。三宅弘弁護士の解説文は、大変好評です。益々信ぴょう性が高まります。

事実は小説より奇なり、です!

 

www.nikkan-gendai.com

 

 

この裁判にかける思い 日航123便遺族 吉備素子

この裁判にかける思い 吉備素子

 裁判の報道以来、多くの皆様から、励ましのお言葉を頂戴して本当にうれしく思っています。

 青山さんや、ご遺族の方々の納得がいかないことに対しては、あくまで日本航空が全面的に対話し説明すべき立場にあります。520名の方々への供養のためにも、ご遺族の疑問に応えるためにも、疑問を持つ多くの国民のためにも、生のボイスレコーダーやフライトレコーダーを、日航は開示していくべきです

 こういった声がたくさん寄せられました。それらを読んで、涙が出ました。私らは、何十年もこの言葉を言い続けてきました。そしてようやく、裁判までたどりついたわけです。本当に長い道のりでした。

 

  つい先日、私は腹痛で救急車に乗り、入院をしました。「長年腹部にあたためておったんねん」とお医者の先生に言われ、ガン細胞を取り除く手術をしました。幸い他に転移もなく、お蔭様で元気に退院いたしました。

「私は今、裁判しているから絶対に死ねません」と先生に言いましたところ、「まだまだ頑張らなきゃならないね。成功させるから大丈夫。」と励まされました。本当に元気にしてもらってありがたいことです。

 日本航空側の弁護士先生は、私の入院を知って、「やれやれ、これでうるさい遺族がいなくなれば、裁判は最後までやる必要がないから助かる」とでも思っているでしょうが、そうはいきません。

意地でも長生きさせてもらいます。

 さて、皆さん、よく考えて下さいませんか。

 私らは、ただ、日航が持っているものを聞かせてほしい、見せてほしい、と言っているだけです。戦っているわけでもありません。情報を開示してほしい、ということだけです。何も疑いがないならば、30年以上も経っているのだから、正々堂々と出せばよいのです。ボイスレコーダーを聞かせればよいだけです。

 一緒にいてくれている市原和子さんは、本当に宗教心のある素晴らしい方で、私のこの思いを汲んで、キリスト教精神に則り、私を助けてくれました。

乗客の遺族と乗務員の遺族は異なるとおっしゃっていましたが、それでもなお、弟さんへの姉としての思いと長年の苦悩を語っておられ、弟さんが操縦する飛行機が落ちたということの苦しみで、長年心を閉ざされていたと聞きます。でも、新たな事実を知り、弟さんが操縦していた日航123便に乗っていた私の夫のためにと、ありがたく力を貸してくれたのです。元日航社員として、ずっと調査してくれている青山さん同様です。パイロットとしての弟の責任と義務を自分がしっかりと受け継ぐというお考えのお持ちの方で、本当に頭が下がります。

本来ならば,歴代の日本航空社長自らが明らかにすべきことなのです。

36年前、私の前で、高木社長(当時)は、

「中曽根首相に殺されるから、自分は何もしたくない、嫌だ」という情けない態度でした。

それに比べれば、青山さんもそうですが、市原和子さんは、大変立派な方です。本当に感謝しています。この場を借りてお礼いたします。そして、皆さんからも市原さんへ賞賛の声が上がっていることをお伝えします。本当に有難うございます。

 しかしそれとは逆に、なぜ、日航社員が率先し、さらにマスコミまで協力して、墜落原因を追究する人の陰口やら誹謗中傷をするのでしょうか。

公共交通機関ならば、乗客を死なせたばかりか、墜落原因をうやむやにするなど、許されるはずはないです。

今でも、日航は、陰ながら私らに、なにかしらの圧力をかけてきます。墜落原因に疑問を持つ遺族のサポートをしてくれる人の悪口も平気で言います。そして、訴訟をしたのは、その人たちに「そそのかされたからだ」と恥知らずのことをいってきます。

 また、親戚の口を借りて、日航に職を得ている人が、例えば、すでに機長になっているにもかかわらず、訴訟のせいで機長になれないとか、会社を辞めなければならないとか、事実と異なることを言い、さも私らが悪いように言ってきます。私らの弁護士の先生方の悪口も言いたい放題です。どこの誰がそう言え、といっているんでしょうか?

物事、言って良いことと悪いことがありますが、これらは絶対に言ってはいけない、悪いことです。

これで、お茶を濁して生きていく人生は後ろ暗いはずです。日航の皆さんも、これからずっと、誰かの言いなりになって、暗い過去を引きずっていくのですか?もっと直視し、この問題を解決しなければならないと思います。

青山さんの公式サイトをご覧になった方々、この事件を一刻も早く解決できるように、そして、私らを支えてくれている人たちをどうぞ応援してください。皆さんの思いやりとやさしさは、必ず日航と、その後ろにいる人たちの嘘に打ち勝つと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

******

以上、吉備素子さんからのメッセージでした。

******

管理人です。

心を打つ感動の著作、あの日あの時の様子が手に取るようにわかる、文庫版「日航123便墜落 疑惑のはじまり」がお蔭さまで好調です。

解説文は、東京第二弁護士会会長や関東弁護士連合会理事長、総務省・情報公開法の制度運営に関する検討会委員、内閣府・公文書管理委員会委員・特定歴史公文書等不服審査分科会会長等を歴任された、三宅弘弁護士です。日航123便ボイスレコーダー等開示請求訴訟弁護団団長でもあります。

また、青山透子の新たな後書きでは、未来の在り様について直球で書いておりますので、ぜひお手に取ってお読みください。これこそが、私たちの進むべき道だ、という感想も届いています。

なお、評論家の佐高信氏による書評も出ていますので、こちらもどうぞ御覧下さい。

日航墜落機「所在不明」の怪。中曽根元首相は何を隠そうとしたのか - まぐまぐニュース!

 

企業ぐるみの隠ぺい 青山透子

企業ぐるみの隠ぺいは、働く人間をダメにして罪の意識を覆い隠す

先日、日航への情報開示請求裁判の第一回口頭弁論が行われた。これについては、既に「日航123便墜落の真相を明らかにする会」の賛同者の皆様にお伝えした。下記、上毛新聞記事も参考にしていただきたい。

日航機事故遺族 データ開示請求 日航側が争う姿勢 「個人情報に該当せず」 東京地裁口頭弁論(上毛新聞) - Yahoo!ニュース

私は読者の皆さんに、そこに至る過程での不可思議な出来事について事実を報告したい。

吉備素子さんへのおかしな取材を行った共同通信社記者についてである。

まだ、日航側の弁護士から答弁書が来ていない6月12日(土曜日)、突然、吉備さんに取材の申し込みがあった。その共同通信社のH記者は、群馬県の地元でかかわってきたのでぜひ取材したいと弁護士に語り、その熱意が感じられたため、弁護士は吉備さんの「遺族としての思いを真摯に聞き取ってほしい」という願いを汲んであげたいと思い、取材依頼を伝えた。吉備さんは短い時間ならばよいと、電話取材に応じたのである。

ところが、その記者は、吉備さんへの質問で、全く日航123便墜落に関することを知らない様子を見せ、基礎知識もゼロだったため、吉備さん自身がH記者に、一から説明しなければならなかった。そのうえ、提訴の動機を疑うような質問ばかりが続いた。吉備さんは、これはおかしいと思ったそうである。そして、「あなた(H記者)は、もしかすると、今回の提訴は、青山透子さんや弁護士にそそのかされてやったと思っているんと、違うの?」と問い詰めたところ、「その通りだ」、と言われた、という。吉備さんは、「いいや、違う、そうではないのよ。私から弁護士の先生方に、必死にお願いしてその意思を汲んで下さって行っている。青山さんは私の疑問に丁寧に答えてくれて、本当にうれしかった。本に書いてくれて感謝している。けして、そそのかされた、とか担がれたわけではない」と何度も否定した。それにもかかわらず、そのH記者は、なぜか不満で納得していない様子だった。

そこで吉備さんは、「私の心を無視した記事を書かれては心外だから、青山さんに直接連絡を取って確認をしてください」と伝えたそうだが、裏どりが必須の記者のわりには、私には一切連絡は来ていないのである。吉備さんは、「提訴の動機まで疑われて、非常に心外な取材だった」と語っておられた。

さて、それはなぜだろうか?

その後どうなったのか、日程を提示して考えてみたい。

6月12日(土曜日):共同通信社H記者から吉備さんへ、突然の取材依頼。

6月14日(月曜日):共同通信社H記者に対して、吉備さんが訴訟動機を疑 われて大変心外だったという旨の書類と、今後の取材マナーも含めた文書を弁護士が送付。

一週間後・・・

6月21日(月):日航側弁護士から、この日付の答申書が翌日に届く。

6月22日(火):まったく何も言ってこなかった共同通信社H記者から、突然この日投函で、吉備さんへの謝罪文が届く。

6月24日(木):追加書類として、原告側から裁判所へ、吉備さんのこの訴訟にかけるメッセージを提出。

6月28日(月):第一回口頭弁論

 

私は時系列が真実を物語ると考えている。下記は一つの仮説である。

なかなか日航側弁護士から答弁書が来なかった間、何等かの確認のための取材が必要だった。しかし、日航側弁護士が直接確認することは出来ない。そこで●●の指示で共同通信社の記者が出向き、直接吉備さんの意思を確認するための取材を行った。それは「この訴訟はご遺族の本心ではなく、そそのかされたからだ」という流れにもっていきたい側による、裏どりがどうしても必要だった。裁判に際して、自分たちに有利なように運びたい、逆に言えばそれを伝えることで有利になる側の行動の一環ともいえる。

そもそも熱意を持った記者が、取材前にその事件のことを全く知らないとはありえず、プロならば無知で済む話ではない。さらに、原告に対して、一から説明を求めるという行為は、逆にこの遺族はどれほどの知識をもって、理解して裁判をしようとしているのか、というチェックともいえる。もしも、吉備さんから「なんだか担がれて、とか、先生方にお任せで」といった言葉が出れば、録音して証拠として提出しようと思ったのであろうと推定する。時系列に見た時、吉備さんが心外だったという文書を14日に出しているのだから、通常次の日ぐらいに、記者から謝るのが筋だ。しかし、謝罪文が来るのが遅すぎる。それは誰かに録音を渡して確認作業が必要だったからだ。そして、日航側の弁護士が答弁書を出した日に、記者が自ら謝罪文を書くことが決まった。なおその手書きの謝罪文一枚は、私が見ても全く心がこもっておらず、「取材が長くなってすみません、自分が勉強不足ですみません」、とうような、どうでもいい内容であった。組織におけるトカゲのしっぽ切り、そのような気配がすると思うのは、私だけではあるまい。

以前私が取材を受けて、その内容があまりにもバカにしたように感じられる文章だったため、異議を唱えたら、「権力に弱いもので~」という返信メールが来たのも共同通信社の記者であった。そのメールも取ってある。

いずれにしても、誰かの手先で取材したとすれば、大問題である。裁判も絡んでおり、謝罪文一枚ではすまされないのである。

どうも、共同通信社の方々は、日航機墜落事件が暴かれることを避けているらしい。それは、一部の人間だけだと、信じたいが・・・

共同通信社のホームページに書かれているのは、私が感動するような次のような言葉である。

 

2010年4月に公益法人制度改革に対応して社団法人から一般社団法人に移行し、「正確公平な内外ニュースその他の情報を提供し、公平な世論の形成と社会の健全な発展、国際相互理解の増進に寄与すること」を目的に強力な報道活動を続けています。(共同通信社ホームページよりそのまま抜粋)

 

これほど立派な目標があるのだから、この意気込み通り、そういう記者を育ててほしいと、心底願っている。そして、公平な世論を自ら葬り去ることがないようにしてほしい。ご遺族を騙すような取材活動は、自らの在り様を否定することにつながるのだから。

+++

 さて、今朝の報道によれば、今頃、不正が発覚した三菱電機株式会社のJR電車の性能に対する偽の検査証明書は、なんと1985年から始まったそうである。ものすごい数とのことで、まだまだ不正があるらしいとの報道だった。この三菱同様、1985年、この年から日航も隠蔽が続いていることになる。どちらも、いざとなったら政府におもねるような大企業の隠蔽体質は同じだろう。

この80年代を知らない若い世代の方に伝えたい。こういった昭和じみた古臭い老害の経営者が築いた会社は、あなた方が変えなければならない。安易に騙されることなく、隠蔽の社風に負けず、自らの目と耳で確かめて、不正や罪に手を染めないよう努力しなければならない。その罪は、会社という組織でうやむやになると思いきや、一生自分の罪として、心をむしばみ、人生に暗い影を落とす。

だからこそ、盲目的に思慮もなく、ただ命令に従ってはならないのである。

 今回の訴訟に関して、「原告2名の遺族は、ただ功名心の弁護士や青山透子に担がれて、そそのかされて訴訟を始めた」という流言飛語を流している人たちの罪は重い。

その人たちは、事実関係が全くわからないにもかかわらず、勝手にこちら側を貶めている。それは十分罪に価する。

JALは、LCCの報道をテレビ東京に流してもらって、かろうじて株価を支えているだろうが、実際はコロナ禍であっても、もっと頑張っている企業はたくさんある。所詮、張子の虎と言われる理由は、いつも目先のやり方で誤魔化しているからだ。日航が、格安航空会社を3つも持っていることは、手放した側からすれば多額の赤字を背負っているにすぎず、新規社員も、既存の日本航空社員が半数以上であるにもかかわらず、新規採用を声高に伝えているが、その裏には次のようなトリックがある。つまり余剰人員の籍を変え、賃金体系を変えて、新たな契約社員として従来の人件費を、こっちに付け替えただけである。「客室乗務員になりたい」という地上社員の夢を利用したともいえる。

 もっと正直に生きる様を、経営者は見せなければならないのではないだろうか。

1985年代からの不正は、社員に悪影響を及ぼすだけだ。赤坂社長は、真剣に考えてほしいと願う。

日航123便、隠蔽者の皆様、ご苦労様! 青山透子公式サイト閲覧110万3千人突破記念!

青山透子公式サイト閲覧110万3千人記念!

管理人です。この公式サイト訪問者が約110万3千人(延べ人数)となりましたので、皆様にご報告します!多くの皆様のご支持をもって、さらに突き進んでいく所存です。有難うございました!

日航123便墜落の真相を明らかにする会から、賛同者の投稿を掲載しますのでお読みください!

☆☆☆☆☆☆☆☆

隠蔽者の皆様、ご苦労様!

炙り出し作戦 大成功! 青山透子サポーターから皆さんへ ☆投稿☆

 さてさて、裁判に際し、私たちサポーターが、「今後、さらに焦って出てくる、事実を隠したい隠蔽者たち」がいると、網を張っていたところ、いました、いました、ゴロゴロと!焦り狂った人間クリッカーが!

案の定、出てきましたね。必死にネット上で、青山透子を貶めようと頑張る人たちが、出ました、出ました!

念のため彼らのやり口を書くと、『青山は実在しない人物(究極的に、いないことにしちゃおうっと)、青山透子本は素人(事実を認めたくない人ほどそう書くね)、学歴が偽り(きっと書き込み者の学歴コンプレックス?)、青山って嫌い(自分が嫌われているから?)、支持者は信者(書き込み者こそ隠蔽宗教の信者でしょう)諸々、必死にサーチエンジン上位に来るように頑張っている様子です。

「あまりに愚かすぎて笑ってみた」、「誰れも、あのような書き込みは信じていないのに、必死すぎてかわいそう」という声もありました。愚かすぎる!確かにその通りですね。

まあ、いつもの手ですが、やらせ質問Q&Aに自分で答えるなど、涙ぐましい努力をしている様子に、隠蔽者の皆様、本当にご苦労様です。

さて、実際に本を読んだ人ならば、当たり前にわかることですが、こういった隠蔽者たちがいるからこそ、この日航123便墜落事件を闇に葬りたいのだ、という事が明らかになるわけです。

隠蔽者は、恐らく英語がわからない(英語コンプレックス?)、本を読まない(読めない)人たちかもしれませんが……。なぜゆえ、この日航123便墜落問題を取り上げる人を貶めようと、彼らは必死なのでしょうか?

 その答えは次の通りです。

 そこに隠したい事実があるからです。

 おとなしくしていればよいのに、ついジタバタしちゃう。

 自分が、いたたまれないからです。

 いつ暴かれるか、ドキドキした人たちだからです。

 自分の悪さが表に出ては困る人だからです。

 自分自身で墓穴を掘る、これこそ、ネット社会の愚かさです。

 書き込み者はヤクザ系朝〇芸●(週●新〇系)のあぶれ記者か?

(タレコミ情報あり・いい加減に、悪とつるむのは止めようよねえ)

 そんな仕事、お金の為とはいえ、悲しいでしょうに…

 

ただし、これ以上、頑張りすぎると営業妨害や名誉棄損の出番となりますので、次は捕獲作戦となりますからご注意下さい。また、表現の自由などと、知ったふりすると大変ですからね!

隠蔽者の皆さん、自分が隠蔽者だと、己(おのれと読みますよ~)を、さらけ出してしまっていることに、そろそろ気づいた方が良いと思いますよ。

 

さて、読者の皆さん、雑音に惑わされず静寂の中で、じっくり36年前を想い出し、520名の命と向き合い、真摯にこの問題を語り合いましょう。

以上、サポーター報告でした!

 

皆様お待たせしました!待望の文庫化!疑惑のはじまり

管理人です。

2010年、JAL倒産時に出版された「天空の星たちへ」の復刻版、

日航123便墜落 疑惑のはじまりー天空の星たちへ(河出書房新社復刻版)」が、このたび文庫本としてよみがえります。

★関係者への徹底した取材から墜落の事件性が浮上する!ベストセラー 『日航123便墜落の新事実』の原点にして渾身のヒューマンドラマ、待望の文庫化!★ぜひ、河出書房新社HPをご覧ください。

さて、青山透子による「直球」のあとがき、そして御高名な方による解説文は、皆様の心を必ずやとらえることでしょう。こうご期待!

********

青山透子から皆さまへのメッセージ

文庫化が決定し、校正もようやく終わりました。皆様の応援に心から感謝申し上げます。なお、裁判の進捗状況に合わせて新刊本を用意していますので、こちらもご期待の程、よろしくお願いします。

常日頃、感動的なお手紙と共に送られてくる多方面からの情報、当時のいろいろな経験談をお読みするにつれ、この日航123便墜落事件を明らかにすることは、これに関わった方々のみならず、あの日の自分はどうだっだか、という問い直しをする機会にもつながると思いました。

私が2010年に今回文庫化する最初の本を書いた時も、偶然にJAL倒産となりましたが、裁判も含めてなぜ今なのかについて、いつも考えています。それは、調査の積み重ねと人々の心の変化、偶然の出会いが重なり合い、その結果の絶妙なタイミングとしか言いようがありません。

世の中の流れが確実に良い方向性に向かっている今、そして、必ず真実は表に出てくるシステムがある今、ここでこの情報開示は、日本人の心意気も含めて、全てが問われることでしょう。

しかしながら、このような世の中の流れと逆行する組織があります。そこにはびこる「よどんだ膿」は、出さざるを得ない、出さなければならないのです。もしかすると、それもタイミングでしょう。

さて読者の皆様に読んでほしい手紙があります。

私が、よく知った人物宛に送った手紙の一部です。この手紙も含めて何度か送ったうちの一部ですが、個人情報部分はカットし、少し手直しをしました。

なお、この一部のみを切り取り、故意的に悪意を持った転載は厳禁とし、違法な手段については厳格に対応しますのでご注意ください。

☆☆☆☆☆

日本航空 S様

 お伝えしたいことがありまして、ご自宅宛に送らせて頂きます。

 会社宛に拙著4冊と、殉職した客室乗務員の追悼の文集をお送りしましたがお読み頂きましたでしょうか。その後、私への誹謗中傷を書き続けている御社の社員について、ネット上で公開されていた御社の社員証とその誹謗中傷の内容(復元ページを含む)をお送りしました。こちらも目を通していただけましたでしょうか。

意図的なバッシングを行っている人がいますが、御社の社員が別名を使用して継続していませんでしょうか。これらはすべて犯罪ですので、貴方を信頼して拙著を送った以上、はっきりさせておきたいと思います。

 私の読者はあらゆる方面でご活躍の方が多く、特に内外の政治家から高級官僚といった政府関係者、マスコミのみならず、研究者や有識者等、(元)JAL社員や一般人の方々も含めて様々な情報を提供してくれます。いずれも、真実を明らかにしたいという、人として当たり前の良心からです。

その皆さんが驚いたことがあります。その驚愕の事実とは、青山透子への子供じみた嫌がらせです。

●●氏は、東映に顔が利くと豪語していましたね。東映筆頭株主は朝日ホールディングスで、お互い株式を持ち合って筆頭株主となっています。従って、東映の制作したドラマはテレビ朝日で放映されます。また●●にJALは広告を出していましたから、自分たちに不都合なニュースは出さないでくれ、というメッセージを送ることは十分可能です。しかし、これらは企業という枠を超えて、やってはいけないことどころか、コンプライアンス違反そのものです。例えばですが、●●新聞に、今回のご遺族提訴の訴訟記事を書かないでくれ、その代わり△地所とJALと和歌山のワ―ケーションの広告を一面で出す、などもそうです。でも、広告のお金は△に出してもらってですから、せこいやり方ですね。

もっと下品なのは、放映されるドラマの悪役名に「青山透子」をもじって使用するように指示したことです。

その事実を全く知らないというのであれば、一部を貴方にお伝えします。

昨年ごろから、テレビ朝日放映での刑事ドラマにおいて、例えば、テロリストの手先で爆破して死亡するのが「アオイトウ子」、一見よさそうな人と思えたが実は悪人で刺殺されるのが「あおいけとうこ」(これはテレビ東京系列放映)、正義感ぶって正義の味方と思いきや、私利私欲のために人を利用する悪女だから殴り殺される役が「アサカワトウ子」でした(東映制作)。特にこの放映は裁判の記者会見のあとの4月14日です。正義感を持つ人間を病的だと茶化した内容でした。いずれも実際の番組を弁護士と共に事実確認しました。

これらはドラマといえども、ご遺族が青山透子を信頼し、その経歴は三宅弘弁護士ら弁護団に開示しているにもかかわらず、その存在を貶めるため、公共電波を利用した妨害と嫌がらせとみなされます。3回そろえば十分に悪意を感じられる故意犯ということでした。

さて今までも、赤川という人物も、平という人物も、その他諸々、愉快犯もいますが、青山透子や拙著、真相を解明したいとする人たちへ誹謗中傷を繰り広げてきました。

それにしても「青に対して赤」、「山に対して川」とは、東映忠臣蔵のセリフそのものです。片岡千恵蔵の役者気取りか、東映ヤクザ映画レベルです。貴方もヤクザの手下になってしまったのでしょうか。

私利私欲に走って、正義感を持たないのは貴方方でしょう。

恥ずかし気もなく、権力を振りかざし、このような卑怯なふるまいをするとは、驚きと同時に、悲しくなりました。ご遺族の吉備素子さんは、怒りが収まらないとおっしゃっていました。

これ以上、御社の社員が、ご遺族や私へ嫌がらせを続けるのであれば、こちらにも考えがございます。前回のように事前にいろいろお伝えしてきたわけですが、その信頼を貴方は裏切ったことになります。

今や、ネット犯罪は違法ですし、内部告発者も法的に保護される時代なのです。悪意を持ってやるのは、そちらでしょう。

 私は最初の本を出した2010年から、ご遺族の吉備素子さんと11年間寄り添ってようやくここまできたのです。

その理由は、吉備さんから「日本航空にいた人が、全て敵だと思っていましたが、日本航空にいたスチュワーデスさんが、これほどまでに私の話を真剣に取り上げてくれるとは思いませんでした。今までは、朝日新聞ならば、読売や毎日、せめて赤旗ならば、と全てに伝えたのですが、どの報道機関に話をしても、いつもカットされてきました。青山さん、本当に有難うございます」と涙ながらに話されたからです。

私は、日本航空で誇りをもって働いていた人間として、墜落原因に疑問を持つご遺族に寄り添い、真実を明らかにするお手伝いをするのが当たり前だと思っております。

日本航空は、36年間も口を閉ざす権利などないのです。当時を知る私たちJALにいた人間には情報を隠蔽するのではなく、開示する責任があるのです。貴方も同じでしょう。

これ以上の隠蔽を重ねることは大罪であり、未来の社員へ大きな重荷を背負わせることになります。自分の親世代がそうしたような隠蔽を、未来永劫同じことを繰り返すことは成長どころか、会社そのものが没落していきます。貴方にそのような自覚はあるのでしょうか。目先の利益ばかりを考えてはいけません。

日航安全啓発センターで、フェイク物や偽りの内容を展示させられた元社員たちの気持ちにもなって下さい。

なおこのセンターでは意図的に、ご遺族の小川さん提供写真から、黒点で拡大すればオレンジ物体が写っている写真や、急減圧がなかったと見える機内写真を排除し、他の全く関係ない写真を展示していましたが、これも犯人隠匿同様です。これで世間をだましたつもりですか。

こんな卑怯な真似をさせられた元社員たちの中には、罪悪感で精神を病んだ整備士もいます。そういうことまで思いをはせたことはありますか。

御社の失態は、御社で解決すべきです。貴方を信頼してお伝えしたのですから、赤坂社長と十分話し合いをしてください。

青山透子

 

☆☆☆☆☆

私は、こういった●●氏を含むJAL社員の愚かな行動に心底がっかりしたと共に、情けなくなった次第です。一部の社員であっても、決してやってはいけないことです。520名の命を軽んじている行為です。

現在、コロナ禍でも一生懸命頑張っている人たちに対して、顔向けできるかどうか、執行役員たちは熟考して頂きたい。何がJALフィロソフィですか。企業理念を唱える前に、自分たちを糺すことが先です。

 

 

 

 

 

 

ご遺族の苦悩と周知の事実

日航123便墜落―疑惑のはじまり 天空の星たちへ(復刻版、河出書房新社)」の親本を書いた2010年から11年間、実に多くの方々とお会いしてきた。頂いた名刺は100枚以上になる。

大学の研究者や弁護士、警察医はもちろん、山下徳夫運輸大臣加藤紘一防衛庁長官といった政治家(元政治家の方々)、ご遺族と群馬県警察医と一緒にお会いした安倍総理夫人、当時の秘書、外務省職員の方々、新聞記者や報道関係者の皆さん、上野村の皆さん、学生の皆さん、弁護士会主催の講演会や佐高信氏の私塾講演会でお会いした皆さん、目撃情報を寄せてくれた方々、イギリス取材でお会いした英国衝突調査航空安全コンサルタントのNTSB委員、BBCキャスター、カーディフ大学の学生たち、そして何よりも墜落原因に疑問を持つご遺族の方々である。

36年前に不起訴となり、誰も刑事責任を取らぬまま放置され続けているこの日航123便墜落事件について、報道は圧力隔壁説以外の説についての追跡取材を避けている。ネットでは、この事件を真剣に取り上げてくれる人も多数いるが、そういう人たちが嫌になるように、無知蒙昧がはびこり、真相を追求する人を攻撃してくる。私は、こういった環境を憂いているご遺族たちの苦悩を知り、「これではいけない。日本の将来を考える上で、歴史を捻じ曲げてはならない。それを明らかにしなければいけないのは、日本航空という会社で誇りを持って働いていた私たちの責務だ」と思った。誰かがやらなければ真実にはたどり着けない、そう信念を持ったのが全てのはじまりである。

お会いした人で印象深かったのは、その昔、子供同士で故人とよく遊んだといういとこや、遺族となってしまった自分のおじさんやおばさんについて語る親戚の方、残された子供たち、故人の親友、職場の友である。特にその後の人生で、様々なことを振り返り、また新たな事実を知って疑問を持つ人たちであった。以前お会いした時は、「親に遠慮していえない」などという複雑な事情があった人たちも今回の裁判のニュースを知り、日航123便墜落の真相を明らかにする会へご連絡いただいた。公表してもかまわないということなので、個人が特定されないように複数の話を混ぜて書かせて頂く。これは特に、今の日本航空社員や執行役員、取締役、元社員たちに読んで頂きたい。

 

******

〇私の脳裏に浮かぶのは幼い頃に一緒に遊んだ記憶です。1985年8月12日、久しぶりに会った姿は昔のかわいらしい姿とはかけ離れ、無残で見る影もなく、恐ろしい記憶でしかありません。それなのに、なぜか、親戚たちはお通夜で万歳三唱をしていました。変だと思った瞬間です。お国のために死んだわけでもなく、万歳三唱の違和感。親戚の大人たちは何を知り、何を隠したのでしょう。生のボイスレコーダーを聞かされたとききました。そこで何を知ったのでしょう。これは、自分たちだけが知ればいい話ではなく、他の遺族にも平等に聞かせるべきです。

〇周知の事実として日航内部では広報を中心とし、ここだけの話としてミサイル説がはびこりました。そして米軍か自衛隊かわからないが、墜落原因を追及すると刺されるぞ、という恐怖心を埋め込まされました。実際に、1985年9月21日の新聞に出ましたが、羽田整備場ラ整ビルにあるメンテナンス・コントロール室(MHV)に所属し、調査役であったH.T.氏(横浜市在住)が、「遺族係となった心労から、死んでお詫びをする」という遺書を残して、果物ナイフで複数刺して亡くなったということは青山さんの本にも書いてありましたね。当時、社内で警察に確認をしたところ、「通常、一回で気絶するため、複数刺すのは自殺ではない、これは他殺だ」とのことでした。これが引き金となって、日航社員の間に恐怖心生まれ、「事実を語れば刺されるぞ」という言葉が出たことは事実です。

でも、36年も前のことで、亡くなったH.T.氏は満洲航空出身者だったことや自衛隊に対する時代的背景もあってのことでした。それを、いまもなお言い続けているとすればバカなことです。私たちが事実を隠し続ける理由は何もありません。JALは倒産時に国から借金を棒引きしてもらったから仕方ない、国という大儀のためだからといったら、それはおごりです。それこそ今回も政治家に裁判関連で頼み込んだらすぐばれます。訴訟報道の後、つい先日、JALが和歌山のワ―ケーションに参画するニュースがNHKに出ましたので、たぶん自民党二階幹事長かもしれませんが、あの権力者のご老体に頼み込み、520人という乗客の命を奪った事実を隠すお願いをしていたなら、それこそコンプラインアンス違反どころではすまない。壁に耳あり障子に目あり。これ以上隠蔽する道理はありません。当時の私たち社員は、会社の仕事に誇りをもっていたのですから、いい加減、隠すのはもうやめましょう。

〇私は遺族として、日本航空の社員にしてもらいました。遺族といえば、なんでもOKでした。簡単に入社出来ました。親戚もOKでした。ただ、入ってみてから能力的についていけない時もありましたし、憧れて一生懸命何度も挑戦してやっとなれたという先輩の情熱など足元におよびもつかないと思いました。でもこれも遺族の特権なのかなあと思っていたところ、久しぶりに学生時代の友人と会い、「よく自分の親を殺した会社の社員になったね。信じられない」と言われて、はっとしました。思えば、私が日本航空に就職してから、片方の親は、事故原因について不満を言わなくなりました。あれだけ日航の悪口を言っていたのに、ピタッとやめたのです。おかしいです。

きっとこれでは死んだ人は報われないだろうなあ。そういう友人と語り合っていて、気づいたのです。それは、「遺族は、必ずしも死んだ人の代弁者ではない」ということです。生きている人は、いつのまにか自分の都合のよいように、記憶を書き換えていくのだなあ、ということです。そして、そんな自分が、ばつがわるいのか、わかりませんが、残ったほうの親や親戚は、そして自分も含めて、いつのまにか、墜落原因を指摘する人を、嫌な人だと思っていました。これもおかしいです。

これは自分の事故後の生き方が、あの日の原点を忘れてさせているということです。亡くなった人の思いを都合よく書き換えているということです。あの事故で亡くなった本人は、なぜ死ななければならなかったのか、が一番知りたいことなのです。私なら当然そう思います。

この「遺族を社員にして、追及されないようにする方法」、これって、お茶を濁させる、つまり、墜落原因の疑問を持たせない、ということが目的だったのだろうと、やっとわかったのでした。担当社員の平身低頭の姿勢は、マニュアル通りだったと、あとからわかりました。

〇今回訴訟を起こしたご遺族の勇気ある行動に深く感動しました。きっと数々の試練を乗り越えるために、そして520人の声を身近に感じるからこそ、最後の望みをかけて、勇気を振り絞ってなさったことでしょう。心から敬服いたします。いかなる圧力にも屈せず、頑張って頂けるよう心からお祈りさせていただきます。

〇8.12連絡会を辞めた遺族です。あれは美谷島事務局長のための私物化の組織としか思えません。会計報告もいまやなし、会費は「寄付」と言われ、都合の悪い情報は会報「おすたか」には書かない、言わない、伝えない。ネットのHPでは、設立時の言葉として、事故原因の究明と書いてありますが、あれは嘘ですか。今回の訴訟関連情報を故意的に省くのはなぜでしょう。今までも、一部のマスコミと仲良しとなり、その周りをお太鼓持ちが囲む。さらに、「私たちはお互いに慰めあっていくだけの会ですから、墜落原因を追及したいならば勝手にどうぞ」という美谷島さんの言葉は胸に突き刺さりました。一体どちらを向いているでしょうか。遺族会を「被災者家族の会」と日航の言いなりで被災者と名乗るからでしょうか。いまや少数しか残っていないにもかかわらず、あたかも遺族の代表のように名乗らないでいただきたいと、ずっと胸の奥で思ってきましたが、私同様の意見をもつ遺族も多くいることがわかりました。美谷島さんの昔の面影は消え去り、逆に墜落原因を追求させないよう圧力をかけるような言動が増え、JAL側とも諸々含めてべったりです。胸に手を当ててよーく考えてみてください。一体、どこが独立している会でしょうか。世間にもマスコミにも、こういう事実を知ってほしいと心底願います。美谷島さん、JALとの関係が激変したのはなぜですか。もしも自分だけが知った事実があるならば、遺族として当然皆さんに明らかにすべきでしょう。8.12連絡会は本筋を間違えています。

 

******

 

年月は真実を必ずや明らかにする。

全てが分かった時、今までの自分の行動を振り返り、「なぜ死ななければならなかったのか」という墜落原因を知りたい死者に対して、顔向けできるだろうか。

自分がしたことは恥ずべき行為ではなかったのか、自分が社員になったからという保身だったのではなかったのか、あの時誰かのせいにして言い出す勇気が欠落していただけではなかったのか・・・

なによりもこの裁判は、日航が持っている生データを聞かせてほしい、ということであって、私たちはご遺族を応援するのが当たり前であり、これは裁判という法的手段で決めることである。

安易にネット上で、見ず知らずの人間が生データを出せない理由を、レベルの低さに気づかないで書き込むのは勝手だが、コメントを書き込むことこそがおこがましい行為である。

 世界的レベルにおいて、「世界最大の単独機死亡事故という520名の生命が奪われたことを考えれば、日航の社員が未来永劫隠すレベルではなく、全ての証拠物を公文書として保管管理し、国民に開示するのが当たり前」だからである。

追記だが、日本航空も、例えば相手の弱みに付け込み、社員の口を借りて真相究明をしようとする相手を罵倒し、物事を金銭で解決しようとする手段や、昔の組合同様のやり方で遺族間を分裂させてお互いに組ませないようにする方法は、もはや無駄であることを理解したほうが良いと考える。こちらの弁護士にお見通しであり、裁判官の心証が悪くなるだけである。

いまや、あの頃の黒電話ではなく、いつでもどこでも録音できる、いつでもどこでも写真が撮れるスマホの時代なのだから。