読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「日航123便あの日の記憶 天空の星たちへ」公式ブログ

1985年に起きた日航123便墜落事故を、当時日本航空スチュワーデスとして勤務していた著者・青山透子が、事故の真相を追い求めて綴ったノンフィクション

公式サイトをお読み頂いた皆様へ②  青山透子より

前回の続きです。

(前回の投稿はこちらhttp://tenku123.hateblo.jp/entry/2014/03/06/182129

 

事故当日、及びその後について、上野村元村長故黒澤丈夫氏が私に語り、そして激怒していたのは、当時の総理大臣、中曽根康弘氏の行動です。

隣町の軽井沢でテニスや水泳、読書と休養ばかりして、10月まで全く上野村現場に来なかったことについて、黒澤氏は「彼も一応主計とはいえ海軍にいたこともある、何が軍人か、あの態度は何か」と、強く怒りながら私に語りました。それについて私は、本にも書いたように、学生たちと一緒に首相の一日を読みながら「なんと配慮のない人だろう、今ならば即辞任だ」と、単純に思っていました。

 

実際に、黒澤村長のお葬式では、自ら来ず、花輪も出さず、選挙区にもかかわらず、中曽根の名前は(息子も含め)一言も、一つも出ていませんでした。

 

しかし皆さん、その本当の理由は次の通りだったのです!

いざというとき、万が一、この事実が後世に知れた時への対応の為だったのです。

つまり・・・・

「自分は全く知らなかった。全く現場に行ったことがないのでわからなかった。

自分は一切関係ないし、そういう(隠ぺいの)指示をしたつもりはない自衛隊の幹部が勝手に、隠ぺいしたのであって自分は知らない、自衛隊の現場のやつが自分のミスを勝手に隠ぺいしたのであって、私は全く指示していない・・・」などと言い逃れるための巧妙な手段でわざと上野村に行かなかった、というのです。

究極の自己防衛のため、ということを、何等かの時に、言っていたのを聞いた側近(もう高齢でお亡くなりになりました)がいたそうです。つまり、まず自分を正当化するためにわざと全く上野村に顔をださず、すべてを自衛隊の幹部(ほんの数人)と現場の実行者のせいにする為だったとのことでした。

 

あまりに、私は驚きました。そんな事までして保身を考えていたとは!

この時の自衛隊最高幹部、空自・中空方面隊の松永貞昭司令官陸自・東部方面総監部の増岡鼎総監、他護衛艦まつゆきで実際にミスをした人、相馬が原陸自12偵察隊で隠ぺい隊だった人、13普通科連隊情報小隊(松本)らの名前を書き連ね、この人たちだけが悪い、と言い切ったそうです。他の関係者に、特にJAL側の人間、JALの当時の高木社長には「米軍にやられたから、本当のことが国民に知れると、米国と戦争になる」などと、恐れさせて、それを言いふらさせた様子です。

恐らく、自分の死後も自分だけは名誉が守られるように日記か手帳等に書いているとか?

軽井沢の別荘にでもあるかもしれませんね。

 

いずれにしても、さもありなんという感じです。

あくまでも、ほんの数人のずるい、そしてずるさを持った人間が、自分のミスを隠すことの恐ろしさ、さらにその上をいく、政治家のしたたかさについて私は驚いた次第です。

 

 今、急いで審議が行われている特定秘密保護法ですが実はこの日航機事故と深い関係があるそうです。中曽根氏は、自分が生きているうちに関係者が決して言わないようにするために、急いで法律を出しています。特定秘密法は198512月に中曽根が出したものなのです。さすがに当時は却下されました。

 

みんなが秘密にしてくれれば、自分は安泰ですものね。

そのくせ、いざばれたときでも、自分は自衛隊員が悪い、隠ぺい者に脅迫されていたと書いていれば、彼の名誉だけは、守られます。

逆に、特定秘密法があるから、名指しされた人は、それが自分に不利なことでも秘密保持とか言われて、言い出せなくなってしまうわけです。さらに証拠は、きれいに消去したためによけい中曽根氏の嘘を証明出来ない仕組みになっているというわけです。

なるほど、それは盲点でした。

こういう恐ろしさを持った法律であることを私たちは認識しなければなりませんね。

 

来年事故後30年、天空の星たちの怒りを鎮められるような良い世の中になってほしいと心の底から願います。