「日航123便あの日の記憶 天空の星たちへ」公式ブログ

1985年に起きた日航123便墜落事故を、当時日本航空スチュワーデスとして勤務していた著者・青山透子が、事故の真相を追い求めて綴ったノンフィクション

上野村にあるレストランヒロの壁にあった絵を実際に見た、絵を撮影した人いませんか

皆さんにおたずねします。

上野村にレストランヒロがあり、その壁に子供の書いた古びた絵があったそうです。それが、どんな絵だったのかというと・・・・・

大きい飛行機と小さい飛行機2機が追いかけっこしている絵だったとか。

その絵を実際に見た、また写真を撮ってきた方いませんか。

それが本当かどうか、先日、読者の方が実際に行って見て来てくれました。

しかしながら、全くそんな絵はなく、今貼ってあるのは動物愛護だったそうです。

嘘だったのでしょうか。

子供たちの絵の存在を実際に見て知っている人はいませんか。

又は、自分が書いたという方はいませんか。

くれぐれも噂話ではなく、実際に見た方だけ、その写真を送って下さい。

 

大きな飛行機はJAL機でしょうか。小さな飛行機が2機編成であれば、間違いなく他国ではなく、自国の国防体制、つまり自衛隊のF4Eファントム戦闘機です。

しかし、公式記録では墜落後に、百里基地から19時05分に発進となっています。

なぜ、墜落前のJAL機の横に、追いかけっこしながら自衛隊機が飛べるのでしょうか。

だって、墜落場所は次の日の明け方までわからなかったのですよね。

f:id:tenku123:20140617000041j:plain

主な武装 M-61A1 20mm機関砲×1門
     空対空レーダーミサイル×4発
     空対空赤外線ミサイル×4発

もし、墜落前にF4E2機が、JAL機の横を飛んでいたとすると、まだ墜落前ですから何処に墜落したのか、最後まで見て、しっかりわかっていたことになります。

それから、もう一つ、これも元自衛隊パイロットやゼロ戦パイロット〈96歳〉の人からの情報です。

その場所で全体を撃墜することは難しくても、ジャンボジェット機の翼についている4つのエンジンのうち、一番外側のエンジンを撃って落とすと、出力が不均等になり、スパイラル状態になって自ら墜落していくとのこと。昔はそうやって敵機を落としたそうです。

その証拠が急にエンジンが落ちた場所

御巣鷹の尾根の手前にえぐれたあとがあるU字講だと聞きました。

なるほど、妙に全てのつじつまがあいます。

また、その際、パイロットは恐らく、自国の飛行機のエンジンを撃つなどという行為を、納得できるはずがなく、最後までいくら命令とはいえ、葛藤したことでしょう。

その葛藤を打ち消したのは、恐らく次のような言い聞かせではないでしょうか。

「どうせこのまま墜落するならば、少しでも犠牲者が少ない場所にしてやれ、それは別荘地の軽井沢ではだめだ。その手前の山の中である。犠牲者がこれ以上でないようにするのが君の務めだ」と言う言葉だったのではないでしょうか。

一見、なるほどと思いますが、自分たちのミスを自分たちで消すという最悪の嘘つきとなります。いい加減にしろ!という言葉ですよね。

それにしても、墜落前に横を飛んでいたとすると、中曽根首相は当時、まだ軽井沢から上野への移動中の列車の中です。また携帯電話のない時代。車掌室の電話で話をしたとしても、急にそんな決断はできにくい環境です。

そうなると、事後報告、又はやった後に了解を得た、ということになります。

 

雫石事故以降、自衛隊は事故原因を改善するだけではなく、事故が起きた際、いかにして隠すかを常日頃考えている部署があるそうです。

その人たちが、窮地になったときのために、前もって考えていたことを実行したのでしょう。

一体誰が一番悪者なのでしょうか。又情報をお寄せ下さいませ。

 

f:id:tenku123:20140404083835j:plain