読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「日航123便あの日の記憶 天空の星たちへ」公式ブログ

1985年に起きた日航123便墜落事故を、当時日本航空スチュワーデスとして勤務していた著者・青山透子が、事故の真相を追い求めて綴ったノンフィクション

新年いかがお過ごしでしょうか 青山透子

皆様、新年いかがお過ごしでしょうか。 今年はあの日から今年は33回忌です。仏教年ではこれで最後の年。一人ひとりのあの日の心を考えながら、振り返っていきたいと考えています。 まず私が振り返るのは、お世話になった先輩たちへ手紙として書き記していき…

今年の締めくくり・来日したアレクシェービッチさんの疑問に答える

あと数時間で2017年。酉年は大空に羽ばたく鳥のごとく、飛躍の年としたいものです。このサイトを愛読して下さる皆様に深く感謝申し上げます。不定期の数少ない更新にもかかわらず、多くの方々に読んでいただきました。 先月、ノーベル賞作家アレクシェービッ…

これで飛行機が落とせるの?と書いた人の無神経さと無知を考える

12月2日付け新聞各紙に掲載された、自衛隊群馬地方協力本部HPにおける自衛隊職場体験の中学生見学者の「語り」として書かれた、「これで飛行機が落とせるの?」に言葉を失った人も多かったでしょう。私もそれが群馬県の前橋市という地名とも重なって、唖然…

加藤紘一氏ご逝去に想う 

皆さまもすでにご存じの通り、加藤紘一氏が9月9日に77歳で御逝去されました。 加藤氏は事故時の防衛庁(当時)長官で49歳でした。あの事故の次の日、1985年8月13日付のジャパンタイムスの記事には、中曽根氏と共に加藤氏が米国太平洋軍司令官のWilliam J.Crowe…

31年目の夏 御巣鷹の尾根への誓い

31年目の夏 御巣鷹の尾根への誓い ~墜落前の日航機を追尾中に目撃された自衛隊機ファントム2機の存在を明らかにすることが最大の供養である~ この1年間、読者の皆様、この公式サイトをご覧下さった皆様からの様々な情報や物の提供、ご意見をお寄せ頂きまし…

鹿児島の空自機不明の墜落事故と捜索の違和感

4月6日に鹿児島県上空にて消息を絶った航空自衛隊飛行点検隊(埼玉県入間基地)は、全国陸海空43基地の保安設備点検を任務としている。6日の午後2時35分ごろに880メートル上空付近でレーダーから消えたという。この日は航空機の着陸誘導などの電波の発信状況…

2016年元旦からノーベル文学賞受賞作品「チェルノブイリの祈り」を読む 青山透子

新年を迎え、皆さんはどのような1年にしたいと思っていらっしゃいますか。 元旦早々、ノーベル文学賞受賞スベトラーナ・アレクシェービッチ氏の「チェルノブイリの祈り~未来の物語(岩波現代文庫,2011)」を読みました。皆さんはもうお読みになりましたか。こ…

最後の特攻隊員信太正道氏ご逝去と故日高恒太朗氏の「不時着ー特攻、死からの生還者たちー」

信太正道氏、日高浩太朗氏を偲ぶ 青山透子 お二人にお会いした時のさわやかな笑顔が今もなお目に浮かぶ。 信太正道氏は、最後の特攻隊員で後に航空自衛隊教官、そして日本航空B747のキャプテンであった。私が入社した当時は成田地区所属CAP7期。ちなみに…

なぜ松永はウソをついたのか~中曽根氏の戦後日本外交から読み解く

「中曽根康弘が語る戦後日本外交(2012年、新潮社)」から見えた事実 青山透子 随分と分厚い本の中で、日航機墜落事故(p417-p418)は、たったの2ページだけ記されていた。その内容は、遺族への哀悼の意や事故原因には一切触れず、終始言い訳のような内容であ…

30年めの8月12日

こんにちはサイト管理人です。 30年めの8月12日、今年はテレビや雑誌でも大きく取り上げられていましたね。ブログのアクセス数もこの日だけで1万アクセスを記録し、改めてこの事故への関心の高さが伺えました。承認が遅くなってしまったコメントもあります…

掲載のお知らせ

こんにちは、サイト管理人です。 30年めのあの日が近づいてきましたね。 先日お知らせした「週刊金曜日」の記事に続きまして、 青山透子さんが寄稿されたサイトを紹介します。 早稲田大学法学部教授・水島朝穂先生の公式サイト「平和憲法のメッセージ」本日…

『週刊金曜日』に記事掲載のお知らせ

こんにちは。サイト管理人です。 今年は事故から30年という節目の年です。 未だ多くの謎が残るこの事故…… 再調査がなされ、事故原因が明らかになることを願ってやみません。 さて、本日8月7日発売の『週刊金曜日』に この事故に関する青山さんの記事が 「…

電子書籍のお知らせ

こんにちは、ブログ管理人です。 長らくご無沙汰しておりました。 5月15日より配信を開始しました 「日航123便あの日の記憶・天空の星たちへ」 現在配信されているストアのURLをお知らせいたします! キンドル Amazon.co.jp: 日航123便あの日の記憶 天空…

5月15日 電子書籍で発売しました 日航123便御巣鷹の尾根墜落事故の記憶から30年

大変お待たせいたしました。本日電子書籍で発売を開始しました。 是非とも宜しくお願い致します。 また、現首相夫人、安倍昭恵氏のフェイスブックでも取り上げて頂きまして、本当に心から感謝申し上げます。 そして、今日はなんと安倍昭恵さんの義父様、安倍…

管理人からのお知らせ

管理人です。メンテナンスのためブランク期間があり、大変失礼しました。 青山透子さんからの返信を公開しましたのでご確認下さい。 また、大勢の皆様からのご支持により、書籍も在庫切れとなっております。 市場在庫として、各書店の棚、又は倉庫などにある…

信濃毎日新聞のコラム欄[斜面]に取り上げて頂きました

事故後29年、忘却と風化を憂う私にとって、大変嬉しい記事を書いて頂きました。 まだまだ知らない人も多く、このような記事でもう一度あの日を確認することは非常に重要です。記者の方に心から感謝申し上げます。 その記者の方も含め、それぞれがそれぞれの…

フジテレビの日航機事故機内再現ドラマは一体何のために、誰のために制作したのか?

フジテレビ日航123便墜落事故の機内再現ドラマHPより(2014年8月12日18:30~20:54放送済み) 「取材を進める中で、乗員・乗客のご家族や事故に関わった方々の多くが口にされたのは、何故事故が起きてしまったのか、何故520人もの尊い命が一瞬にして奪われ…

マレーシア航空機狙撃事件と日航機誤射事件

『8.12日航機墜落 30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い”ボイスレコーダーの“新たな声”』 - とれたてフジテレビ 今日は8月12日、フジテレビが墜落時刻に合わせて機内の様子を再現したドラマを放送するそうです。上記が番組HPですが、非常に良い内容が書…

上野村にあるレストランヒロの壁にあった絵を実際に見た、絵を撮影した人いませんか

皆さんにおたずねします。 上野村にレストランヒロがあり、その壁に子供の書いた古びた絵があったそうです。それが、どんな絵だったのかというと・・・・・ 大きい飛行機と小さい飛行機2機が追いかけっこしている絵だったとか。 その絵を実際に見た、また写…

山下徳夫元運輸大臣を偲んで

今年の1月1日に、日航123便事故当時に運輸大臣だった山下徳夫氏が94歳でお亡くなりになりました。昨日編集者からの電話で、それを知りました。 実は、私の本をお読みになり、そのご縁で、都内にて編集者と共にお会いする機会があありました。その時山下氏に…

マレーシア航空機事故の事故原因はどこへ消えたのだろうか? 青山透子

4月に入り、キャンパスにも新入生、会社では新入社員が新たな風を運んでくれるようなさわやかで新鮮な毎日ですが、当然ながら1985年の123便事故後に生まれた人ばかりです。JALの事故を全く知らない人も多く、私がショックを受ける季節です。「お父さんお…

トランスワールド航空800便墜落事故の事故原因をNTSBの元調査官が新証言、調査報告書は嘘

米国では、ついにTWA800便の事故原因に対して、元NTSBの調査官が新証言を出しました。これはビジネスニュースのページですので、皆様お読みください。 http://www.businessnewsline.com/biztech/201306200801430000.html 「1996年7月17日にニューヨーク沖…

ご協力有難うございました 風化が防げました 青山透子

この公式ブログを開設してすぐ、おかげ様で多くの方が関心を持ってくださいました。遺族の方も関係者の皆様も一番嫌がっていたのは風化です。 その風化を防ぐために、私がこだわった内容をこのブログ開始で書いたところ、驚いたことに、その直後、急にいろい…

あほ、事故原因が違うって?青山透子

あほなこと言うんじゃないよ、事故原因が違うって? 青山透子 大阪で、事故原因についてずっとこだわり続けているある遺族の方がいます。 「あほやなあ~そんなことあるわけないでしょう」という声がいつも調査を妨げ、 「国が事故原因はこうだ、と言ったの…

あの日と似ているマレーシア航空機行方不明事件

B777-200の最新飛行機が、突如南シナ海に消えて、すでに5日以上が経ちました。 もしかすると、そろそろあの飛行機が以前事故(または故障)を起こしていた飛行機だとか、テロだとか、場所がわからないとか、出てくるのかなあと思っていたところ、あまりにその…

公式サイトをお読み頂いた皆様へ②  青山透子より

前回の続きです。 (前回の投稿はこちらhttp://tenku123.hateblo.jp/entry/2014/03/06/182129) 事故当日、及びその後について、上野村元村長故黒澤丈夫氏が私に語り、そして激怒していたのは、当時の総理大臣、中曽根康弘氏の行動です。 隣町の軽井沢でテニ…

公式サイトをお読み頂いた皆様へ  青山透子より

出版から4年間、今まで沢山の書き込みや情報提供、様々なモノをお送りくださいまして、本当に有難うございました。公式サイトを通じて、例えば、正義感溢れる自衛隊員の方、医師、看護士、上野村の人々、目撃者、当時の政治家等、実に多くの方々とお会いする…

ごあいさつ

このブログは1985年に起きた日航123便墜落事故を当時日本航空スチュワーデスとして勤務していた著者・青山透子が、事故の真相を追い求めて綴ったノンフィクション「日航123便あの日の記憶 天空の星たちへ」(マガジンランド刊)の出版を機に開設した公式サイ…